大阪でも費用は掛かるけど整形して良かったと思う人が多い二重手術

サイトマップ

女性と花

大阪で二重手術!2つのやり方が存在する切開法について

二重の女性

メスでまぶたを切開して二重まぶたをつくる二重手術となる切開法には、全切開法と部分切開法という2つのやり方があります。
全切開法は、二重ラインになるところを3cm程切開する方法になりますが、部分切開法は1cm切開して二重まぶたを作ります。
そのため、部分切開法は全切開法よりまぶたの腫れと痛みを抑えることができますが、二重まぶたの持ちの良さは全切開法より短いです。また、部分切開法は1cmの傷を二重ラインになるところの2か所で行うクリニックもあります。全切開法は、まぶたをメスで切って二重まぶたを作るので、糸で止める埋没法より取れにくい二重まぶたができます。
さらに、全切開法なら同時にたるんだ皮膚を切って二重のラインを調節したり、目の開きを良くすることで黒目を大きく見せる手術を受けることができます。
一方、部分切開法は1cm程の傷で二重まぶたを作るので、全切開法より傷が小さくなります。その影響により、部分切開法で二重まぶたを作ると、全切開法で作った二重まぶたよりまぶたの腫れと痛みが引くのが早いです。
ただし、部分切開法だと全切開と同じように皮膚のたるみを取ったり、目の開きを大きくする手術を受けるのはできません。
2つのやり方がある切開法ですが、どっちのやり方でも埋没法より施術にかかる費用が高くなる二重手術となります。

顔を拭う女性

大阪でも二重手術が話題!3つのやり方が存在する埋没法

糸を使って二重まぶたを作り出す二重手術となる埋没法には、3つのやり方があります。埋没法は、まぶたに糸を通して二重まぶたを作るため、目を開ける筋肉と皮膚を糸で結ぶことで二重まぶたができる仕組みになります。埋没法の中で基本となる2点止めは、クリニックによっては1点と呼んだりしますが、違いは特にありません。なぜなら、点には定義がないので、1点や2点と呼んでもクリニックでは普通に通じるからです。けれども、2点止めはどのクリニックでも受けれる二重手術となる上に、費用が安いです。そのた…

悩む女性

大阪のクリニックで二重手術と埋没法で整形して良かった話

私が目の整形手術を考え始めたきっかけは母が目をくっきり二重にしたいと言い出して、その付き添いで行ったのがきっかけです。昔から一重の目が気になってはいましたが、整形なんて怖いという気持ちもありましたし、親からもらった物を…という気持ちもあったので、自分がやるなんて考えてもみませんでした。母と一緒に病院を訪れると、結構患者さんは多く明るい雰囲気でした。いざ、母の番になり先生に診てもらうと母はまぶたにお肉があるタイプの一重でしたので、埋没法ではなく切って二重にする切開法を勧められ…

二重の女性

大阪で二重手術!2つのやり方が存在する切開法について

メスでまぶたを切開して二重まぶたをつくる二重手術となる切開法には、全切開法と部分切開法という2つのやり方があります。全切開法は、二重ラインになるところを3cm程切開する方法になりますが、部分切開法は1cm切開して二重まぶたを作ります。そのため、部分切開法は全切開法よりまぶたの腫れと痛みを抑えることができますが、二重まぶたの持ちの良さは全切開法より短いです。また、部分切開法は1cmの傷を二重ラインになるところの2か所で行うクリニックもあります。全切開法は、まぶたをメスで切って…

笑う女性

まぶたに合った二重手術を大阪でしよう

一重まぶたの女性は人形のような大きな二重まぶたの目に憧れ、手術にてそれを手に入れようとします。一重まぶたの目も十分に素敵ですが、それぞれ理由があって二重まぶたにしようと試みるわけです。手術となると糊やテープで作る簡易的な二重まぶたとは違って、永久的な二重まぶたになるわけですが、埋没法であっても切開法であっても、腫れや痛みのリスクに加え、思った通りの二重まぶたにならない可能性があることも覚悟しておかなければなりません。十分に理解した上で手術を受けるようにしましょう。 多くの女…